AutoCAD MAP 3D 2017 64 Bit クラック ダウンロード版


¥ 17,700 税込

加算ポイント:177pt

商品コード: MAP3D20170061

数量

商品説明

0 (0件)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AutoCAD MAP 3D 2017 64 Bit クラック ダウンロード版

Autodesk AutoCAD Map 3D 2017 (日本語版) オートデスク オートキャド2017 セール 価格

Autodesk AutoCAD Map 3D 2017 版
CAD の生産性を向上させる 2017 バージョンの新機能
AutoCADR Map 3D 2017 に備わる、機械設計の生産性向上とドキュメント作成に役立つ新機能をご覧ください。フィレット、面取り、オフセットの各コマンドの拡張、注記テンプレートのシンボル ライブラリ用に改善されたメニュー、部品表内での計算などの機能が新しくなっています。

こんな方にお薦め!

機械設計のための製図機能を搭載した2次元CADを導入したい。
AutoCADをベースとした機械設計用の2D CADがほしい。
穴作図、機械図面用の寸法線、バルーン/部品表、標準部品ライブラリなど機能を使いたい。
AutoCADやInventorで作成された3Dモデルから断面ビューや詳細ビューを作成したい。

Autodesk AutoCAD Map 3D 2017 (日本語版) オートデスク オートキャド2017 の動作環境

ハードウェアとソフトウェアの要件
オペレーティング システム
  • MicrosoftR WindowsR 10
  • Microsoft Windows 8.1 (更新プログラムのインストールが必要: KB2919355)
  • Microsoft?Windows?7 SP1
ブラウザ Internet ExplorerR 9.0 以降
プロセッサ Intel PentiumR 4 または AMD AthlonR 64 プロセッサ。
メモリ 8 GB の RAM (最小)
16 GB の RAM (推奨)
画面解像度 True Color 対応 1360 x 768 (1600 x 1050 以上を推奨)。
画面のスケーリングは、125% (120 DPI)以下を推奨。
ハード ディスク 16 GB (ダウンロードしたファイルからインストールする場合)
ポインティング デバイス マイクロソフト社製マウスまたは互換製品
メディア ダウンロードおよび DVD からインストール
.NET Framework .NET Framework バージョン 4.6
大規模データセット、点群、3D モデリングを処理する場合の追加要件 16 GB RAM 以上。
20 GB 以上のハード ディスク空き容量(インストール要件を除く)。

128 MB 以上の VRAM を搭載した TrueColor 対応の 1600 x 1050 以上のビデオ ディスプレイ アダプタ、Pixel Shader 3.0 以上、Direct3DR 対応のワークステーション クラスのグラフィックス カード。
オプションのソフトウェア Citrix XenAppR?7.6、Citrix XenDesktop? 7.6
インダストリ モデルの場合のオプション .NET Framework 4.0 用の SAPR Crystal Reports ランタイム エンジン
ネットワーク 配置ウィザードで配置します。

ネットワーク ライセンスに依存するアプリケーションを実行するライセンス サーバとすべてのワークステーションは、TCP/IP プロトコルを実行する必要があります。


MicrosoftR または Novell のいずれかの TCP/IP プロトコル スタックを使用できます。
ワークステーションのプライマリ ログインは、Netware または Windows のいずれかを使用できます。

アプリケーションでサポートされるオペレーティング システムに加えて、ライセンス サーバは、Windows ServerR 2012、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2008、Windows 2008 R2 Server で実行できます。

Oracle のインスタンスは一部製品ではオプションです。

オプション: データベース
Oracle データベース仕様 - サーバ Oracle 11g R2 (11.2.0.4.0) Standard Edition、Enterprise Edition

Oracle 12cR1 (12.1.0.1.0) Standard Edition、Enterprise Edition

Oracle 12cR1 (12.1.0.2.0) Standard Edition、Enterprise Edition
ジョブとロング トランザクションをサポートするには、Oracle 11g と Oracle 12c の Enterprise Edition が必要です。

3D をサポートするには、Oracle 11g と Spatial、または Oracle 12c と Spatial が必要です。


Microsoft Windows Server 2008 R2 は Oracle 11g R2 が必要です。
Oracle データベース仕様 - クライアント Oracle Database 11g Client Release 2 (11.2.0.4.0) Administrator (Instant または Run-time 以外)

Oracle Database 12c Client Release 1 (12.1.0.1.0 および 12.1.0.2.0 ) Administrator (Instant または Run-time 以外)
Microsoft Windows 7 と 8.1 では、Oracle 11g R2 Client または Oracle 12cR1 Client が必要です。

製品のインストールと環境設定中に、データベースに接続する必要があります。管理者から次の設定とパスワードの供給を受けるようにしてください。

  • SYS.DBMS_RLS および DBA に対する権限を持つ Oracle ユーザ(既定は "SYS AS SYSDBA")。 既定 = SYS
  • Oracle システム ユーザ: 既定 =?SYSTEM
  • サービス名: 既定 = ORCL
  • Spatial システム ユーザの MDSYS (ロック解除: Infrastructure Administrator のインストール後に、インダストリ モデルのセットアップに従って MDSYS をロック解除することをお勧めします)。
  • テーブルスペース既定: テーブルスペース: USERS、一時テーブルスペース: TEMP、および Index。
この商品のレビュー
(0)
この商品のレビュー